header-image1.jpg

ホーム > 診療科目

色彩心理療法イメージ

色彩応用医学によるカウンセリング診断、治療を行います。

Color holistic medicine 色彩応用医学を軸にして、現代医学・漢方・ハーブの他、食事療法指導、アロマ、バッチフラワーレメディーのアドバイスなどをカウンセリングと並行して行います。
(診療は全て保険適用ですのでご安心ください)

アロマ、ハーブ、バッチフラワーの院内での販売は行っておりません。
各専門店でお求めいただいております。

クリニックの近くでは自然療法機構のハーブスクールがあり、そちらのショップanimaniさんでお求めいただくことも出来ます。

診療科目

内科

投薬、注射、点滴などによる治療、患者さんに対する食事・生活指導などを行います。基本的には全身のどんな症状にも対応します。
現代医学はevidenceに基づく治療が中心となります。
しかし、人体は科学が進歩した現在でも謎だらけです。
従って、現代医学が証明できない症状、或いは現代医学の方程式にあてはまらない病状は心身症や精神的なものとして、判断されがちになってしまいます。当院ではそういった症状をお持ちの方にも可能な限り原因の探索と、症状の緩和、治療法の模索をさせていただいております。どうぞ、ご相談ください。

小児科

15歳くらいまでの思春期にいたるお子様(新生児を除く)を対象に「内科」を中心とした疾患全般(ケガなどの外科的疾患を 除く)を領域として診察・治療を行います。

お子様が体調不良をおこし、どのような病気かはっきりしない場合には、
ぜひ小児科の診察にお越しください。

病気以外にも、予防接種、健康診断、育児相談などにも対応しています。

 

神経内科

神経に関する病気を内科的に診察・治療します。
脳と脊髄からなる中枢神経に起こる病気や、中枢神経から細かく枝分かれしている末梢神経(脳神経、脊髄神経、運動神経、感覚神経、
自律神経)、さらには筋肉に起きる炎症や変性、腫瘍、血管障害などを治療します。
頭痛、めまい、しびれ感、痛み、認知症、パーキンソン病、振戦(ふるえ)などでお悩みの方はご相談ください。

漢方内科

色彩心理療法の最も得意とするところです。

色彩心理療法は陰陽五行説にも対応し、体質を、春夏秋冬の四季に例えることで、医学的知識の無いかたにでも直感的に理解していただけるように、工夫したものです。

漢方により、体質や病態のコントロールを行い、より良い状態へと導いてゆきます。

 

アレルギー科

アレルギー診断からアレルギー治療まで、オリジナル医学を用い治療を行っていきます。

小さなお子様から、アレルギーと長い付き合いをされている成人、お年寄りの方までお気軽にご相談ください。

漢方や運動療法などを用い、根本治療をご提案させていただきます。

 

色彩心理療法イメージ

色彩応用医学によるカウンセリング診断、治療を行います。

Color holistic medicine 色彩応用医学を軸にして、現代医学・漢方・ハーブの他、食事療法指導、アロマ、バッチフラワーレメディーのアドバイスなどをカウンセリングと並行して行います。
(診療は全て保険適用ですのでご安心ください)

アロマ、ハーブ、バッチフラワーの院内での販売は行っておりません。
各専門店でお求めいただいております。

クリニックの近くでは自然療法機構のハーブスクールがあり、そちらのショップanimaniさんでお求めいただくことも出来ます。

 

芦屋こころとからだのクリニックへお問い合わせ